母親の在り方が受験生の合否を決める

あなたのお子様は現在毎日勉強机に噛り付いて勉強してますか?

勉強は本来楽しいものです。この勉強の楽しさに気づけばあなたのお子様はもっと明るく辛さを感じずに黙々と勉強に向き合えます。

では、どうすれば勉強の楽しさに気づいてもらえるのでしょうか。それはあなたの在り方にかかっています。

以下の画像は、この記事の途中でも取り上げている赤本先生平島の経営する平島塾の塾生の模試の結果です。たった1ヶ月で「英語偏差値9UP」「社会偏差値8UP」「理科偏差値9UP」「主要3教科偏差値3UP」「全体教科偏差値6UP」に結びつけた秘密は母親の在り方にありました。

上記の写真に写っている加藤隼君は中学3年生の夏時点で偏差値48だったところから、偏差値を12UPさせて、偏差値60の都立上野高校に進学しました。

今回の記事では、どうすればいち早く受験生が結果を出すことができるのかにフォーカスを当てて記事を書きました。

あなたの状態を引き上げ、お子様の偏差値を爆上げさせる魔法の言葉も紹介していきたいと思います。かなり濃い内容になっているので、最後まで読んでいただき、お子様の偏差値アップに結びつけていただけたらと思います。

 

親が勉強を強要してはいけない理由

 

あなたはお子様に「遊んでばっかいないで勉強しなさい!!と声を掛けたことはあるでしょうか。大抵の家庭では日常茶飯事なことかとは思います。

親であればついつい言ってしまいがちな言葉です。本来であれば、口にしたくない発言というのが本音でしょう。

目の前で子供が遊んでいて、一向に勉強する気配がないとイライラしますよね。「そんなにやる気がないなら学費を返せ!」とも心の中では叫びたくもなります。むしろ、イライラしない理由を探す方が難しいと思います。

「この子はこの先、本当に大丈夫なのかしら。」というのは当たり前に考えてしまうことです。あなたはそこに対して何の罪悪感も感じる必要性はありません。

しかし、勉強で悩んでいるお子様からしたらどうでしょうか。

子供は自分でも「もっと勉強しなきゃいけない。」「もっと頭が良くなりたい。」そう感じながら日々を過ごしているため、その理想と自分の現状とのギャップに板挟みになり苦しんだ挙句、苦しみから逃れるためにバーチャル世界であるSNSやゲームに逃げます。

そんなお子様に追い討ちを掛けざるを得ない状況なのは、親御様としても嘆かわしいことですよね。ではどうすれば責め立てることなく、子供のやる気を引き出すことができるのでしょうか。

ここからは、この疑問点にフォーカスして話を進めていきましょう。

 

子供の勉強意欲を引き出す在り方とは

 

僕は講演会や塾生家族との三者面談で、よく親の在り方についてお話をさせていただく機会があります。そこではいつも「状態の良さ」というものを話題にあげます。

初めて耳にする方も多いと思うので「状態の良さ」とはどういうものなのかをまずは端的に解説していきたいと思います。

「状態」とは「心の状態・在り方」を指します。一般に状態が悪いとは、どういうことなのか
について言及していきます。

 

状況が悪い時ほど状態を高めることを意識する

まず状態が悪い人は状況をコントロールしようとします

例えば、状態の悪い親御さんであれば、子供を無理矢理勉強させようとしてしまいます。また、何とか勉強に興味を持ってもらおうとして頼まれてもいないことを勝手にやってしまったりということもあるでしょう。

また、状態が悪いと自分にとって都合の悪い事象が起こった時に、自分の内的要素ではなく外的要素のせいにします。

例を挙げると、あの人のせい、この環境のせい、自分が授かった遺伝子のせいなどです。このように状態が悪いと、どうにも変えようのない今の状況に目が行きがちになります。

その反応自体は社会に生きる人間として一般的であり、特別あなたが悪い訳ではありません。あなたは、どうすれば悪い状況を打開できるのかをただ知らないだけなのです。

では、どうすれば悪い状況を打開することができるのでしょうか?

まずは、状態を良くすることを意識しましょう。もしもあなたがレストランに行ったとして、店員の接客が悪かった時、誰のせいにしますか?店員のせいですか?店の教育が悪いせいですか?

状態が良い人は果たして、自分は最高の状態で最高の客としてあの店員の前に居れただろうか」と考えます。

確かに接客が悪かったことは事実です。しかし、接客がいつも以上に上手くできなくなるほど、店員の気分が落ち込んでいたとしたらどうでしょうか。

 

接客態度の悪かった店員の朝の物語

「実は、この店員は朝スマホの調子が悪くて目覚ましのアラームが鳴らず、起きた時間が出勤時間の5分前でした。店までは電車で30分、徒歩は合計で20分は掛かります。いつもなら出勤時間の1時間半前には家を出たいところです。

店員は起きてすぐに急いで家を出ました。自宅から最寄駅に向かう途中で、横断歩道の前で信号が青に変わるのを待っていました。すると、走っている車のタイヤで跳ねた泥をお気に入りのワンピースに浴びせられてしまいました。気分はげんなり。寝坊したことに加え、さらに落ち込みます。

家に戻って着替える時間もないので、そのまま駅に向かい電車に乗ると、いつも以上に電車は混んでいて、満員電車の中、汗まみれのおじさん達に囲まれてしまいました。気分は最悪。。。

そして挙句、隣のおじさんが持っていた缶コーヒーの中身をこぼし、店員のワンピースに掛かりました。この時点で、店員はもう仕事に行きたくないとさえ思っています。

そこでさらなる悲劇が待っていました。お店の最寄駅に到着後、改札を出てすぐの道中で犬のフンを踏んでしまいました。店員は今日は何にもいい事がないなと心の底から思います。

店に到着後、急いで来たせいか朝つけてきたはずの恋人からもらった大切なイヤリングを落としてきてしまったことに気がつきました。本当に大切にしていたのでショックです。

そして、最後に遅刻した件に関して、上司や店長に大声で叱られました。」

 

こんな状況で笑顔で楽しく接客できる人はなかなかいないと思います。店員が少し不機嫌そうに見えても仕方ないですよね。

そこであなたが果たして、自分は最高の状態で最高の客としてあの店員の前に居れただろうか」と考え、店員に対して、相手を思わず笑顔にさせるような素敵な態度で接したならばどうだったでしょうか。

もしかしたらあなたの在り方が、この店員を励まし、「もうクビになってもいいから帰ろうかな、、、」とさえ考えていた店員に勇気と心の安らぎを与えることができたかもしれません。

状態の良さ・在り方は、人に勇気と力を与えます

もしも、あなたの状態が悪く、店員に「あんた態度悪いわね!店としてどうなのよ!!」と状況をコントロールしていたとしたら、きっとこの店員は今以上の質で接客をすることはできないでしょうし、その日のうちに仕事を放棄してしまったかもしれません。

状況のコントロールは事態を最悪な結果へと導きます

 

最高の状態で子供と接し続ける

 

先ほどのように、赤の他人である店員にまで最高の状態でいようとは言いません。あなたの愛するお子様の前だけでもいいので、最高の状態で居続けてあげてください。愛して止まない子供になら、そんな在り方を魅せるのは決して難しくはないと思います。

子供はとても敏感です。あなたの在り方の変化に1ヶ月もすれば気づきます。子供のお尻を叩いて
前へ無理矢理進ませるのではなく、あなたの素敵な在り方で、子供の奥底に秘められた力を引き出すのです。

では、これから高い状態を作り出し、それを維持する上で大切な考え方をご紹介します。

 

「どうせ大丈夫。」の言葉の力

 

「赤本先生に状態を高くしろと言われましたが、やっぱり難しいです。」このようなお声はよく聞きます。そんなあなたに「この考え方さえ持っておけば大丈夫!!」というような魔法の言葉を伝授します。

魔法の言葉は「どうせ大丈夫。」です。そんな言葉だけで乗り切れるわけがないと多くの保護者様はおっしゃるかと思います。

この言葉の効力を知ってもらうためにも、今から一件お客様の声を見ていただこうと思います。実際に逆転合格した加藤隼くんのお母様である加藤明子様のお声をいただきました。

 

受験40日前、E判定からの逆転合格。(加藤明子さん)

平島先生との出会いは反抗期真っ只中。スマホゲーム依存の一人息子の成績不振に悩んで「中学生の勉強法」をスマホでせっせと検索している時でした。息子はオンラインゲームや動画、スマホゲーム三昧で勉強どころではなく、このまま中3になって高校受験はどうなってしまうのだろう…と不安と焦りで一杯の日々でした。

何故だか分かりませんが「この先生なら子供も変われるかも。」と思いました。同時に子供だけではなく「自分も変わらなければ」と思わされました。
それから子供は週1回の指導を受け、私は「子供を心配せず信じる」「小さな一歩を大切に」「状況をコントロールしようとせずに状態を上げる」「どうせ大丈夫」等々の言葉を意識する毎日でした。相変わらずのゲーム三昧や夜更かしも「朝起こさない」とアドバイスを受け、実際に学校に遅刻させる事で問題が徐々に改善され、数ヶ月後には0時就寝が守れるようになりました。
日常の勉強やテストに関する口出しをしない事は簡単ではありませんでしたが、ゲーム依存の子供に対する不安や心配を平島先生にLINEで送る事で吐き出す事が出来ました。

夏休みの学校見学ではトップ校(偏差値73)、上位校(60)、中堅校(53)、下位校(44)の見学に行きました。子供の実力では中堅校も危うい感じでしたが、平島先生は「トップ校を目指して上位校に余裕で入れる位がカッコいいよね。大丈夫、余裕余裕…」と。

丁度2回目の模試で苦手な英語が偏差値60になり成績が上がった所だったので、子供も私もその気になって第一志望を中堅校から上位校に変更しました。(この頃から少しずつ子供にも勉強する意識と自信が付いてきた様子です。)

苦手な英語を中1からやり直して下さり結果が出てきたものの、数学や理科が悪くてなかなか模試判定には反映されずE判定が続きました。その後も息子はゲーム依存から脱け出せず、1月中旬受験40日前の最後の模試でもE判定のままでした
流石にこのままでは不合格になってしまうのでは?と心配しましたが「模試はあくまで通過点、本番は受験当日です。でももう時間がないのでゲームは強制的に禁止します!」と先生も命懸けで指導して下さり、塾で日曜日10時間、平日も呼んで下さり、最後の追い込みが始まりました。子供も泣きながら勉強しましたし、それを見る私も生きた心地がしませんでした。

受験当日は子供を送り出した後、過去問や問題集、ノートの束を見つめて号泣しました。合格発表の日は無心で子供と一緒に高校に向かいました。

合格掲示板を見て「本当に合格しちゃった!」と狐につままれたような感じでしたが平島先生の『これぞE判定からの逆転合格。偏差値40だったゲーマーの大逆襲ですね』と正にその通りでした。平島先生に出会っていなかったら高校受験合格は出来ていないと思いますし、何より志望校を下げずに、自分の意志で最後の最後まで諦めずに頑張る事の出来た子供に育ってくれた事がとても嬉しかったです。
「どうせ大丈夫」この言葉は一生の宝物です。平島先生本当にお世話になりました。

 

受験生の母親の生の声はいかがだったでしょうか?隼くんを実際に指導していて、僕自身お母様の対応に何度も助けられましたし、隼くんも心強かったに違いありません。

以下の写真が、実際に隼くんが都立受験した際に獲得した得点です。5教科で406/500という高得点を叩き出しています。評定の悪さからこれまで成績が悪かった事が見て取れますね。

どうしても状態が悪くなってしまいがちな時には「どうせ大丈夫」という言葉を何度も唱えるようにしましょう。ただ何度も唱えるだけで心が楽になり、精神的に強くなれます

 

長期的視野で子供を見守る

 

あなたが子供をキツく叱りつけてしまうのは、目の前の状況を見て感じたことが何かしらあったからに違いありません。

例えば、
・宿題があるのに全然やろうとしない。
・勉強せずにずっと遊んでる。
・目標は高いくせに行動しない。
などです。

このように目の前の嫌な状況を見て、あなたの状態が悪くならないわけがありません。当たり前のことです。心配と不安が渦巻くのも本当によくわかります。

しかし、この状況をどうコントロールしても現状は変わりません。それはあなたもこれまでの経験から痛感していることかと思います。

状況をコントロールするということは、いわば短期的視野で行動するということです。

例えば、あなたは鹿を捕獲することを目標とする狩人だとします。鹿の捕獲は子供の成功と同義であると捉えてこの話を読んでみてください。

あなたは目標達成のため、抜き足差し足でゆっくりと音を立てずに鹿の背後に近づきます。しかしここで、まだ確実に鹿を捕まえられる距離まで近づくことができていないのにも関わらず、チャンスを待ちきれずに草むらから飛び出してしまったとします。

鹿は当然逃げ出してしまい、今までの積み重ねは台無しになってしまいます。このように襲いかかるタイミングが早すぎると目標は遠退いてしまいます。

これは短期的視野による行動の結果と言えます。

じれったいかもしれませんが、抜き足差し足でどれだけ鹿に近づくことができるのかがとても大切になってくると言うことです。以上のことから、子供の成功のためには長期的視野が非常に重要になってくる事がわかります。

そこで大切なのがどうせ大丈夫の視点です。今は結果が出てないかもしれません。今は何もしない子かもしれません。でもその先、どうして良くならないと断言できるのでしょうか。

良くなることも悪くなることも憶測でしかありません

どちらも未知の事象であるなら、良くなる方を信じてみてはどうでしょうか?あなたがお子様を信じ、常に良い状態で接することができたなら必ず結果は出ます。

すぐに結果結果と焦ってしまう気持ちは非常にわかります。でもそんな時こそどうせこの子なら大丈夫と口にしてください。それによりあなたは我に返ることができます。

「そうだ。状態を高めよう。」と視点を切り替える事ができるのです。つまり、「どうせ大丈夫。」という言葉は、短期的視野を長期的視野に転換してくれる心理的トリガーなのです。

あなたのお子様です。必ず成功するに決まっています。そう信じて行動して実際に結果が出た事例が先ほど挙げた加藤隼くん・明子さんの親子の例にあたります。

隼くんのお母様は僕の指導を受け、子供をコントロールするよりも、いつも自分の状態を良くしようと思考し、自分と向き合い続けていました。

隼くんを勝たせたのは紛れもなくお母様の状態の良さでした。状態を高く保つだけでここまでの成績変化が起きます。あなたのお子様もまだ遅くはありません。

大切なのは状態の良さです。ただそれだけなのです。

 

自分を満たすことから始める

 

状態が悪くなった時の対処法をここからはより詳しく解説していきます。状態が悪い時は目に見える状況全てが悪いものに見えてしまいます。

状態が悪いと自分に余裕がなくなります。そんな時は誰かに優しくすることも難しくなります。ものすごく疲れていて心がギスギスしている時に、誰かに優しくすることは、たとえ愛する我が子であっても難しいことです。

無理に優しくしようとすると「見返り」を求めてしまうものです。人は自分が満たされていなければ、周りに不幸を振りまいてしまいます。

結局のところ、自分が満たされている状態であることが重要であり、それによって周りにいる大切な人に幸せを分け与えることもできるのです。

最近キツイなと感じたら自分にもっと時間を掛けてみましょう。

少し身なりを整えたり、お風呂の入浴剤を自分好みにしてみたり、いつもはあまりしない香水をつけてみたりしてみましょう。

一手間かけて料理を作ってみたり、寝る前にストレッチをしてみるのも良いですね。お母さんである前に一人の女に戻ってみましょう。この事はとても重要なことです。

「自分に掛ける時間」は人生を輝かせてくれます。少し頑張りすぎた自分へのご褒美をそろそろあげても良いのではないでしょうか?

(引用:『今日は、自分を甘やかす』 夏生 さえり 著)

 

星の王子様から学ぶ自己愛とは

『星の王子さま』はご存知ですよね。この物語は「自分に掛ける時間」の大切さと、それが自己愛を育てることに繋がっているということを教えてくれます。

『星の王子さま』の一節を紹介します 。:星の王子さまが我儘な「バラ」に手をかけて世話をするシーンがあります。王子さまはバラの世話を続けているうちに、そのバラの我儘さに堪え兼ねて、もうこれ以上面倒は見切れないと思い、旅に出ます。そして旅の途中でたくさんのバラに出会うのです。どれも非常に美しく素晴らしいバラ達でした。しかし、それらのバラ達と比べてみても、王子さまはそれでもあの我儘なバラが一番愛おしいと感じてしまいます。そしてそばにいたキツネがこう言いました。「君があのバラに使った時間こそが、あのバラをかけがえのないものにしてるんだよ。」

ここで学べることは、自分が何かに費やした時間の分だけ、その何かへの愛情が強くなるということです。そう考えれば、自分に費やしてきた時間が、自分への愛情を育てるという原理も理解できます。

「人に優しく」はよく唱えられているのに、「自分に優しく」はあまり言われていませんよね。人も、自分も両方大切にするからこそ誰かを幸せにする事ができるのです。

お子さんの学力向上のためにも、もっと自分を大切にしていきましょう。

 

まとめ

 

お子様の学力を向上させる秘訣は、あなたが高い状態でお子様と接する事です。そして、高い状態を維持するためには自分自身を大切にしてあげる必要があります。

これからは、お子様をコントロールする毎日ではなく、「どうせ大丈夫。」と思いながら、お子様が人生で課せられた試練を乗り越えていく姿を高い状態で見守るようにしていきましょう。

人は失敗を経験する事でしか、試行錯誤することを学べません。あなたが手を貸し続ければ、お子様は経験の機会を失います。自分から考え行動する立派な大人に育て上げるためにも上記のことを意識していきましょう。

 

P.S.

赤本先生平島から偏差値を最速で上げるためのメソッドや受験知恵袋の回答内容などが毎日メールで送られてくる受験完全攻略メルマガ無料配信中!!

今なら「受験完全攻略の書」を無料で配布しています。
画像をタップでメルマガ詳細を見てみましょう!

The following two tabs change content below.
自学自習だけで偏差値32→78を達成し、赤本先生として1500名以上を指導。難関国公立・医学部へ750名以上の受験生をE判定から逆転合格させてきた。独自の過去問研究法・学習理論を元に、関わった全ての受験生の偏差値を平均で15以上upさせることに貢献している。平島塾では、年間受講者の第一志望合格率が5年間通して98.7%という驚異の実績を持つ。