復習方法が正しければ偏差値は爆伸びする

The following two tabs change content below.

平島 啓介

代表取締役社長株式会社 歩成社
自学自習だけで偏差値32→78を達成し、過去問研究家として1000人以上を指導。E判定から逆転合格で難関国立・医学部へ750人以上の受験生を送り出している。独自の過去問研究法・学習理論を元に、関わった全ての受験生の偏差値を平均で15以上upさせることに貢献した。平島塾では、年間受講者の第一志望合格率が4年連続100%という驚異の実績を持つ。

こんにちは。

啓介です。

 

究極の復習方法

 

突然ですが、
たった1時間で
参考書一冊の内容を全て理解して、
全て解けるようになったら

めちゃくちゃ
嬉しくないですか?

 

あなたが普段の勉強において
どう復習するかによって
それが実現されるか否かが決まってきます。

 

そんな究極の復習方法が
あったら非常に便利ですよね。

 

まさに革命的な勉強法の1つ
と言えます。

 

そんな方法を知ってたら
第一志望合格間違いなし
って思えてきませんか?

 

めちゃくちゃ
凄い勉強法なのですが
知っている人が結構少ないです。

 

今回このブログを
読んでくださっている
あなただけにお伝えします。

 

究極の復習方法こそが
ライバルとの埋められない差を埋める

 

逆にこの方法を知らなければ
ライバルと同じ勉強法で
受験に挑むわけですから、

ライバルに歯が立たない
今のあなたが

ライバルと同じ勉強を
したところで
差は一切縮まりません。

 

あなたは
ライバルの何倍も早く
偏差値を上げなくて
はならないのです。

 

このまま
この方法を知らずして

負け犬になるか
ならないかは
あなたが決めることです。

 

 

究極の復習方法の解説

 

では
“究極の復習方法”
とは一体何なのでしょうか。

 

具体的に
解説していきたいと思います。

まずキーワードは

・一冊の参考書

・圧倒的な反復練習

・タイマー

・書かない

です。

 

これだけ聞いても
わけがわからないと
思うので、

もっと深く
切り込んでいきます。

 

 

参考書は一冊に絞ろう

 

参考書は一冊に絞ってください。
なぜなら、
どの参考書も問題内容的には
あまり大差ないからです。

 

したがって、

何冊も参考書に
手を出すよりも

 

一冊を何回も復習した方が
頭に残りやすいので
非常に効率的です。

 

 

圧倒的な反復練習

 

一回でも間違えた問題は
しつこく復習します。

 

復習回数は自分との相談です。
平均的に7回復習しろ
と言われていますが、

これはその時の
集中力の度合いにも
寄りますので、

やはり自分の脳
と相談してください。

 

ただし、
問題を間違えた
次の日とそのまた次の日、

そして一週間後の
計3回だけは
必ず復習してください。

 

だいたい自分の中に
この分野はまだ自信ないな
とかいうアバウトなもの
があると思います。

それを頼りに
復習を進めてください。

 

 

時間は必ず測ろう

 

タイマーで
一問1分とか5分とか、
一問一問に時間制限
を設けてください。

試験本番には
時間制限があります。

時間内に解答しなければ
0点になってしまいます

 

常に試験本番
を意識してください。

 

さらに時間制限を
設けることで勉強の質も
向上します。

 

つまり、
勉強がダラダラ
したものにならず、

効率的に
勉強をすることができる
ということです。

 

 

復習するときは紙に書くな

 

解く際は
紙に書いてはいけません。

これが最大のミソです。

書くことは
大幅に時間を消費します。

 

書かない方が
多くの問題に
触れることができます。

 

理系・文系科目問わず
問題を見た瞬間に解法がパッと
浮かぶレベルが合格レベルです。

 

そうなるまで
とにかく何度も問題に触れて
忘れたらすぐに答えを確認し、
自力で瞬時に解答できるレベルまで
何度も何度も同じ問題に繰り返しトライします。

 

 

理系科目限定で言うなら、
大まかな式の流れを
瞬時に声に出して言えるならば
その問題は書いても解けます。

 

 

 

物理で説明するなら
大まかな式の流れの例

 

まず座標軸を設定して
x軸とy軸について運動方程式を立てる

→質量mを移行して加速度の等式に変形

→加速度aを微分すると速度vの式になる

→ここで初期条件v=**よりv(t)の式が分かる

→、、、、、、、、

 

といったものです。

 

 

これがスラスラ出てくれば
もうその問題を
やる必要はありません。

 

 

 

この方法で

参考書を5周するころには
1時間で一冊の参考書の
復習が終わる力が
ついているはずです。

 

早い人だと
30分で終わります。

 

このレベルにまでならば
物理の復習を短時間で済ませ、
他の教科に
時間を費やすことができます。

 

上級者向け究極暗記術

今回の復習法をさらに極めた勉強法
を動画で紹介しているので、

もっともっと復習方法を
極めていきたいと言う方は
ぜひ見てください。

 

 

 

 

まとめ

 

今日から
この復習方法に切り替えて
勉強してみてください。

圧倒的な結果が
出るに違いありません。

全教科偏差値70以上
も夢ではありません。

 

習ったことは即実行です。

 

行動しなければ
未来は変わりません。

一緒に頑張りましょう。

 

あなたならできます。

今回の話は以上です。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

P.S.

受験勉強で悩みのある方は気軽に
相談受け付けております。

無料音声配信や授業動画による
手厚いサポートで
あなたの偏差値の爆上げをお手伝いします。

ここでしか聞けない情報を
根掘り葉掘り聞いてしまいましょう!

 

画像をタッチで友達追加可能!!

 

自学自習だけで偏差値32→78を達成し、過去問研究家として1000人以上を指導。E判定から逆転合格で難関国立・医学部へ750人以上の受験生を送り出している。独自の過去問研究法・学習理論を元に、関わった全ての受験生の偏差値を平均で15以上upさせることに貢献した。平島塾では、年間受講者の第一志望合格率が4年連続100%という驚異の実績を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です