母親の在り方が受験生の合否を決める

The following two tabs change content below.

平島 啓介

代表取締役社長株式会社 歩成社
自学自習だけで偏差値32→78を達成し、過去問研究家として1000人以上を指導。E判定から逆転合格で難関国立・医学部へ750人以上の受験生を送り出している。独自の過去問研究法・学習理論を元に、関わった全ての受験生の偏差値を平均で15以上upさせることに貢献した。平島塾では、年間受講者の第一志望合格率が4年連続100%という驚異の実績を持つ。

こんにちは。

啓介です。

 

あなたのお子様は
現在毎日勉強机に噛り付いて
勉強してますか?

 

勉強は本来楽しいものです。

 

この勉強の楽しさに気づけば
あなたのお子様はもっと明るく
辛さを感じずに黙々と勉強に向き合えるのです。

 

では、
どうすれば勉強の楽しさに
気づいてもらえるのでしょうか。

 

それはあなたの在り方にかかっています。

 

こちらは
この記事の途中でも出てくる
僕の経営する塾生の結果です。

たった1ヶ月で
ここまでの結果に結びつけた
秘密は親の在り方にあります。

 

今回の記事では
どうすればいち早く
受験生が結果を出すことが
できるのかにフォーカスを
当てて書きました。

あなたの状態を引き上げ、
お子様の偏差値を爆上げする
魔法の言葉
紹介していきたいと思います。

かなり濃い内容になっているので、
最後まで読んでいただき、
お子様の偏差値アップに結びつけて
いただけたらと思います。

 

親の在り方の重要性

 

親が勉強を強要してはいけない理由

 

あなたはお子様に
「遊んでばっかいないで勉強しなさい!!」
と言ったことはあるでしょうか。

 

ありますよね。

 

ついつい言ってはいけないし、
言いたくもない発言ランキング1位
を独占するのがこの発言でしょう。

わかります。

 

目の前で
子供が遊んでいて
まるで勉強していないと
イライラしますよね。

もはやイライラしないわけがない 笑

 

「この子は本当に大丈夫なのかしら。」

 

これは当たり前に
考えてしまうことです。

 

したがって、
あなたはそこに対して
なんの罪悪感も感じる必要性はありません。

 

しかし、
勉強で悩んでいる
お子様からしたらどうでしょうか。

 

子供は自分でも
「もっと勉強しなきゃいけない。」
「もっと頭が良くなりたい。」
そう感じながら日々を過ごしているため、

そこの理想と自分の現状とのギャップに
板挟みになり、

苦しんだ挙句、
苦しみから逃れるために

バーチャル世界である
SNSやゲームに逃げます。

 

そんなお子様に追い討ち
を掛けざるを得ない状況なのは、
親としても嘆かわしいことですよね。

 

ではどうすれば
責め立てることなく、
子供のやる気を引き出すのでしょうか。

 

その疑問にフォーカスしていきましょう。

 

良い状態が子供の勉強意欲を引き出す

僕がよく親の在り方について
お話させていただくときは
状態の良さについて焦点を当てますよね。

では、
初めて耳にする方も多いと思うので
状態が良いとはどういうことなのか
をまずは端的に
解説していきたいと思います。

まず一般に状態が悪い時って
どういうことなのか
について言及していきます。

 

まず状態が悪い人は
状況をコントロールしようとします。

例えば、
子供を無理矢理勉強させようとしたり、
なんとか勉強に興味を
持ってもらおうとして
頼まれてもいないことを
勝手にやってしまったりという感じです。

行動できない自分、
変われない自分への苛立ち
をなんとかしようと、
自分のことを責め立て追い込んだり
することも状況を
コントロールしようとしている一例です。

 

共通して言えるのは
悪いことが起こった時に、
外的要因のせいにしてしまう
ということです。

あの人のせい。
この環境のせい。
自分のダメさ加減のせい。

のように
どうにも変えようのない
所に目が行きがちになります。

 

そのこと自体普通ですし、
あなたが悪い訳ではありません。

ただどうすれば
悪い状況を打開できるのか
を知らないだけなのです。

もしも
あなたがレストランに行ったとして、
店員の接客が悪かった時、
誰のせいにしますか。

店員のせい?
店の教育のせい?
自分のせい?

状態が良い人はこう考えます。

果たして、
自分は最高の状態で
最高のお客として
あの店員の前に居れただろうか。

 

確かに
接客が悪かったかもしれません。

でももしかしたら
その店員は
朝スマホの調子が悪くて、
目覚ましのアラームが鳴らず、
店に遅刻してしまい、
店長に怒鳴られてしまった
後かもしれません。

しかも、
急いで店に向かっている途中で
大切な恋人からもらったイヤリングを
落としてしまった可能性もあります。

満員電車の中、
汗まみれのおじさんに囲まれた
挙句、コーヒーをこぼされて
しまっているかもしれません。

 

こんな状況で
楽しく接客できる人は
なかなかいないと思います。

それは少し不機嫌そうに
見えても仕方ないですよね。

 

そこで
あなたが最高のお客として
相手のことを思いやれる
状態の良さで居られたら
どうだったでしょうか。

もしかしたら、
あなたの在り方が
その店員を励まし、

「もうこの仕事やめようかな。。。」

と考えていた
店員に希望の光を与えることが
できるかもしれません。

 

状態の良さ。
在り方。

これは人に勇気と力を与えます。

 

ここまで凄くなろう。
ということではなく、

それを愛する
あなたのお子様に
してあげるだけでいいのです。

愛して止まない子になら
そんな在り方を魅せるのは
決して難しくはないと思います。

 

子供はとても敏感です。
その変化は1ヶ月もすれば
気づきます。

 

子供のお尻を叩いて
前へ無理矢理進ませるのではなく、

あなたの素敵な在り方で
子供の奥底に秘められた力を
引き出すのです。

 

これが状態の高い親の在り方です。

次はこの状態を作り、
維持する上で大切な考え方を
ご紹介します。

 

長期的視野で判断できるかが鍵

状態を高くしろと言われても
やっぱ難しいよ。

そのようなお声はよく聞きます。

この考え方さえ持っておけば
大丈夫!!
というような
魔法の言葉
を授けます。

そしてこの魔法の言葉の
根拠となる説明もしっかりします。

説明を理解する前と後では
効力が全く違うので
しっかりと読み込んで理解しましょう。

 

魔法の言葉は

「どうせこの子なら大丈夫。」

です。

 

どうしても状態が悪くなって
しまいがちな時に
ただ何度も唱えるだけで
心が楽になり、
精神的に強くなれます。

では何故この言葉なのかの
理由を説明します。

あなたがキツく子供に
言ってしまうのは、
目の前の状況を見て感じたこと
が何かしらあったからに違いありません。

例えば、
・宿題があるのに全然やろうとしない。
・勉強せずにずっと遊んでる。
・目標は高いくせに行動しない。
などです。

 

そりゃあなたの状態が悪くなっても
仕方ないですよね。

当たり前のことです。

心配と不安が渦巻くのも
本当によくわかります。

 

では視点を変えて見ては
いかがでしょうか。

もう状況を
どうコントロールしようと
今までの結果が続くことは
真剣に子供と向き合う
あなたならなんとなく勘付いている
と思います。

状況をコントロールするのは
いわば短期的視野です。

ここから抜け出さない限りは
現状は変わりません。

 

わかりやすく言うと、

あなたは狩人で
子供の成功は
鹿を捕獲することだとします。

あなたは
抜き足差し足で
そろりそろりと
鹿の背後から近づきます。

しかしここで、
まだ確実に捕まえるチャンスがあるのに、
それを待てずにあなたが勢いよく
飛び出してしまっては
どうでしょうか?

鹿は当然逃げ出してしまい、
今までの積み重ねが
台無しになってしまうでしょう。

 

この襲いかかるタイミング
が早すぎるというのが
短期的視野による
行動の結果と言えます。

 

じれったいかもしれませんが、
抜き足差し足でどれだけ
鹿に近づくことができるのか
がとても大切になってくる
と言うことです。

つまり、
長期的視野が
どれだけ重要なのかが
理解できたでしょうか。

そこで大切なのが
どうせこの子なら大丈夫
の視点です。

今は結果が出てないかもしれない。
今は何もしない子かもしれない。

でもその先
どうして良くならないと
断言できるのでしょうか。

良くなることも
悪くなることも

憶測でしかありません。

どちらも未知なら
良い方に考えてみるのは
いかがでしょうか。

そして、
あなたがお子様を信じ、
常に良い状態で接することが
できたなら必ず結果は出ます。

すぐにすぐにと
焦ってしまう気持ちは
非常にわかります。

辛いですから。。。

でもそんな時、
どうせこの子なら大丈夫
と口にしたなら
あなたは我に返ることができます。

「そうだ。状態を高めよう。」

短期的視野になりそうな
ところから
長期的視野で見直そうと
することができる
いわば心理的トリガーになるのが
この魔法の言葉の凄いところです。

あなたのお子様です。

必ず成功するに決まっています。

 

そう信じて行動して
実際に結果が出ました。

僕の塾に入っている生徒の
模試の結果です。

 

この成績アップを導いたお母様も
お子様のことをなかなか信じることができず、
当の子供はと言えば毎日ゲーム三昧でした。

スマホゲームとPS4の二刀流で
野球選手ではなく、
ゲーマーとして大谷翔平ばりに
活躍していました。(ただ遊んでるだけ笑)

そこから
お母様の献身的なサポート
でここまでの成功に導けました。

この時期にここまでの成果が出せていれば
あとはあくびをしてても受かります。

この生徒のお母様は状態を良くしようと
いつも自分と向き合っていました。

この生徒を勝たせたのは
紛れもなく
お母様の状態の良さでした。

それだけで
ここまでの成績変化が
訪れるのです。

 

あなたのお子様も
まだまだ遅くはありません。

 

大切なのは
状態の良さ

ただそれだけなのです。

 

状態が悪くなったら自分を許そう

 

自分を許す技術

 

状態が悪くなった時の対処法を
ここで説明させていただきます。

状態が悪い時は
目に見える状況が全て
悪いものに見えてしまいます。

状態が悪いと
自分に余裕がなくなります。

そんな時は
人に優しくすることも
難しくなります。

ものすごく疲れていて
心がギスギスしている時に、
人にだけ優しくするのは難しいです。

無理に優しくしようとすると
「見返り」を求めてしまうものです。

人は自分が満たされていなければ
不幸を振りまいてしまいます。

 

結局のところ、
自分が満たされている状態
であることが、
周りにいる大事な人を、
大事にすることに繋がっているのだ
ということです。

キツイなと思ったら、
自分にもっと時間を掛けてみましょう。

少し身なりを整えたり、
お風呂の入浴剤を自分好みにしてみたり、
いつもはあまりしない
香水をつけてみたり、

一手間かけて料理を作ってみたり、
寝る前にストレッチをしてみたり。

お母さんである前に
一人の女に戻ってみる。

一人の人間に戻ってみることは
とても重要なことです。

このように
「自分にかける時間」
は人生を輝かせてくれます。

少し頑張りすぎた自分への
ご褒美をそろそろあげても
いいんじゃないでしょうか?

 

 

『星の王子さま』
をご存知ですか?

星の王子さまが
わがままな「バラ」
に手をかけて世話をする
シーンがあります。

王子さまはそのうち、
バラの面倒を見切れないと思い
旅に出ます。

ある日たくさんのバラを見つけます。

同じように美しいバラを目の前にして、
それでもあのバラが一番素晴らしかった。
と王子は思うのです。

そしてそばにいたキツネに
こう言われます。

「君があのバラに使った時間こそが、
 あのバラを
 かけがえのないものにしてるんだよ。」

子育ても同じなのではないでしょうか。

そして自分への時間も。

この話が何の関係があるのか、
と思ったのかもしれませんが、
自分にも時間をかけてあげられなくては
自分に愛着って
湧かないのではないでしょうか。

自分にも時間をかけて、
自分にも愛着を持って、
自分をかけがえのないものに、
自分ですると良いのでは
ないでしょうか。

人に優しく、
はよく唱えられているのに、
「自分に優しく」
はあまり言われませんよね。

人も、自分も、
両方大切にすることが
僕は教育をする上で
非常に大切なのだと思います。

 

どうか大切にしてあげてください。
あなた自身のことを。

 

親の勉強も今からが本番

ここまで長い間
文章を読んでいただき
本当に感謝しています。

ここまでの内容はいかがでしたか?

少しでも、
改善していこうと
思っていただけたのであれば、
僕も幸いです。

あなたも
あなたのお子様も
きっと大丈夫です。

ただ1つだけ注意点を
お話しておきます。

頭ではわかってるけど
実際には行動できないんです。

そういう意見もよく聞きます。

ここで動けない理由は
まだ今までの自分に縛られて
しまっているからかもしれません。

 

今までの経験が
あなたを今のあなたのままに
させてしまっています。

これはなかなか崩すのが
困難な壁かもしれません。

今までの常識を
破壊する訓練が必要です。

 

そんな時は僕に頼ってみては
いかがでしょうか?

 

大事なのは習ったことを
即時実行する力です。

そのことを忘れないでください。

 

受験勉強で悩みのある方は気軽に
相談受け付けております。

無料音声配信や授業動画による
手厚いサポートで
あなたの偏差値の爆上げをお手伝いします。

ここでしか聞けない情報を
根掘り葉掘り聞いてしまいましょう!

画像をタッチで友達追加可能!!

 

 

 

(記事途中一部引用:『今日は、自分を甘やかす』 夏生 さえり 著)

自学自習だけで偏差値32→78を達成し、過去問研究家として1000人以上を指導。E判定から逆転合格で難関国立・医学部へ750人以上の受験生を送り出している。独自の過去問研究法・学習理論を元に、関わった全ての受験生の偏差値を平均で15以上upさせることに貢献した。平島塾では、年間受講者の第一志望合格率が4年連続100%という驚異の実績を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です