お尻を鍛えれば偏差値は上がる

こんにちは。

啓介です。

今日はお尻の話をしようと
思っています。

あなたは偏差値アップに
必要な要素ってなんだと
思いますか?

 

勉強の効率性を上げる方法

成績を上げるために最も必要なもの

成績・偏差値を上げるために
必要なものって何でしょう。

・参考書を読み漁ること?
・とにかく勉強すりゃいいんだろ?
・集中してやればいいんじゃね?

多くの意見があると思いますが、
成績を上げる方法はたった1つしか
ありません。

 

勉強は
質✖︎量
だということです。

 

いくら毎日10時間勉強していたとしても

 

内容がペラッペラでほぼ居眠りしながら
やっていたなら意味はないですよね。

 

この場合
質✖️量=成果
0✖️10=0
ということになります。

 

つまり、
勉強の量を上げるだけでなく、
勉強の質を上げることも
かなり重要になってくる訳です。

 

そんでもって
質を上げるために
必要なのが
今回のお尻の話なのです。

 

お尻!? 

 

期限を決めると質は上がる

お尻
 
→おケツ。
 
→ケツ→期限

ってな訳です。

 

よく
尻(ケツ)カッチンって表現しますよね。

あれは
期日が迫っていて
やばいという状況をさしています。

この期限がキーワードです。

 

 

人は期限を決めることによって
パフォーマンスが増大し、
勉強の質が向上します。

テスト期間中の前日の
勉強への集中度合いの
恐ろしさと言ったら
あなたもピンとくるでしょう。

 

 

なんとなく

タイマーを使って
勉強しなさい。
という情報を耳に
したことはないだろうか。

このメソッドは
マジでバカにならないです。

 

 

これは
タイマー=期限
という構造が成り立っています。

人は期限を決めることで
目標が明確化し、
行動しやすくなります。

 

 

脳をフル回転させる

脳も期限にむかって
頑張ることができます。

 

期限を決めるのと
決めないのとでは
大きな差が生じます。

脳は普段10%
すらも能力を解放していません。

 

これは脳科学で
証明されていることです。

つまり、
基本的に
あなたはその素晴らしい能力を
まるで使いこなせていない
ことになります。

 

 

期限を決めることは
あなたの脳をより効率的に
使うために必要な
いわばリミッター外し
のようなものです。

期限を決めなければ
あなたの脳は
ほとんど機能しません。

 

タイマーを使うだけで
勉強の質が上がるなら
お安い御用なのではないでしょうか。

 

 

まとめ

勉強へのマンネリ化を防ぎ、
長時間の勉強を
可能にするためには
タイマーは必須です。

 

時間の制約を設けて
集中力を爆発させましょう。

 

さあ、
今日からあなたの勉強に
タイマーの導入です。

 

 

P.S.

受験勉強で悩みのある方は気軽に
相談受け付けております。

無料音声配信や授業動画による
手厚いサポートで
あなたの偏差値の爆上げをお手伝いします。

ここでしか聞けない情報を
根掘り葉掘り聞いてしまいましょう!

画像をタッチで友達追加可能!!

 

The following two tabs change content below.
たった2ヶ月で「早慶」にE判定から逆転合格させる驚異の指導力で1500名以上の受験生を指導。神楽坂駅前にて学習塾「歩成式受験研究所」を運営。独自の過去問研究法や学習理論を元に、偏差値40前後の受験生を次々と難関大学へと送り出している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。